水虫の予防にはこまめに足を洗う

水虫の原因となっている白癬菌と言うカビは高温多湿のところで生き延び、人へ感染してしまうと言う事が分かっています。

もし家族の中に水虫の人がいるのであれば、感染する可能性が高くなるので家を乾燥させて、あまり室温も高くしない様に心掛ける必要があります。

水虫の元、白癬菌は感染力があまり強くなく、もし皮膚に白癬菌が付着したとしても直ぐに感染してしまうと言う物ではなく、高温多湿の状況が24時間続いて初めて水虫にかかってしまうと言う事ですので、水虫になりやすいと言われているブーツも24時間履き続けなかったら感染はしないと言う事になると思います。

と、考えるとそんな状況が24時間も続く訳が無いから感染する事は無いと思ってしまうかもしれませんが、あるところが行った調査によると8時間、そういった悪環境に足を置いてしまうと水虫に感染してしまう可能性が高くなると言われている為に楽観視は出来ないと言う事になります。
ですから、事務仕事をしている人はせめて昼休みには靴を脱いだり、仕事中はサンダルに履き変える様にしたりする等、通気性を良くする工夫をした方が良いと思います。

それでも白癬菌が付いてしまっている状況が続く場合がありますので、毎日家に帰ったら足を洗うと言う習慣を付けるのが予防策として良い方法だと思います。この時きちんと指と指の間も洗う様にして、洗い終わった後はしっかり水気を拭き取ると言う事も忘れない様にしましょう。
自己防衛が何より大切だと思いますのでしっかりやりましょう。